マラソンを走る

書籍のお申込 -送料無料-

市民ランナーが記録を伸ばすための13か条/第6条

原理・原則を知って走る

マラソントレニングには長い歴史があります。科学的に証明された原理・原則があります。また、名選手や名コーチが編み出した独自の理論があります。
自己流トレニングは遠回りになります。また、故障やけがの原因にもなります。トレーニングの原理や理論を理解して応用すれば、効果的に、効率的に記録を伸ばすことができます。
日々の練習で、いつも走っているスピードである程度の距離を楽々と走れるようになったら、少し負荷(走るスピードや距離を)高めて走るようにします。
「42.195KM-トレーニング編」ではトレーニングの原理・原則や記録向上のパターンと停滞、トレーニングと意志力について解説しています。
さあ、原理・原則に基づいてトレーニングで、自己新を目指しましょう。

お求めは全国の書店、アマゾン、紀伊国屋書店、楽天などでのネット書店で。お問い合わせはこちらから。

第7条