マラソンを走る

書籍のお申込 -送料無料-

市民ランナーが記録を伸ばすための13か条/第3条

ATスピードを高める


ATスピードで走れば、レース後半のスタミナ切れやペースダウンを起こさずに42.195kmを快調に走り切ることができます。
ATスピードとは、筋肉に疲労物質が蓄積せずに最後まで脚が動き続けることのできるスピードです。このATスピードが高いほどマラソン記録がよくなります。目標記録を達成するためにはATスピードを高めることが必要です。日々の練習でATスピードを意識することが「記録を伸ばす」カギとなります。
「42.195km・トレーニング編」では、ATスピードについて詳しく解説しています。さらに、ATスピードを高める方法を解説しています。
さあ、ATスピードを高めて、自己新を出しましょう。

お求めは全国の書店、アマゾン、紀伊国屋書店、楽天などでのネット書店で。お問い合わせはこちらから。

第4条