マラソンを走る

書籍のお申込 -送料無料-

市民ランナーが記録を伸ばすための13か条/第10条

調整してレースに臨む

数か月、1年、あるいは数年にわたる充実した練習によって見違えるほど走力が向上しても、それがそのまま記録に結びつくとは限りません。そこに、マラソンのむずかしさがあります。
向上した走力を記録に結びつけるには、レースに向けてコンディションを調整(ピーキングあるいはテーパリング)することが必要です。しかし、多くの市民ランナーの皆さんは、調整すること自体も調整の必要性も、調整の方法も知らずにレースに参加しています。レベルが高くなるほど、調整せずに目標記録の達成はむずかしくなります。
あなたは調整してレースに臨んでいますか?
「42.195KM-トレーニング編」では調整の必要性、調整の時期、調整の具体的例を解説しています。また、レース前のグリコーゲンローディングの方法も解説しています。
レース前日の準備やレース当日の行動予定表などについても解説しています。
さあ、しっかり調整して、ベストコンディションでレースに臨みましょう。

お求めは全国の書店、アマゾン、紀伊国屋書店、楽天などでのネット書店で。お問い合わせはこちらから。

第11条