マラソンを走る

書籍のお申込 -送料無料-

市民ランナーが記録を伸ばすための13か条/第5条

さまざま走り方を組み合わせて走る


マラソンのトレーニング法には大まかに、スタミナをつけるためのLSD、距離走、スピードをつけるためのインターバルトレーニング、スピード持久力をつけるためのペース走、ビルドアップ走など、さまざま走り方があります。
毎日、同じスピードで同じ距離を走っているだけでは、走力を高めることはできません。多くの市民ランナーの皆さんは、記録を伸ばすには、毎日、できるだけ速いスピードで長く走ることだ、と思っていらっしゃるようです。しかし、それは間違いです。
記録を伸ばすためには、それぞれの走り方によって適切なスピードで走ることが大切です。あなたは適切なスピードで適切な距離を、ねらいをもって走っていますか?
「42.195KM-トレーニング編」では、さまざまマラソントレーニング法のねらいと走り方をていねいに解説しています。毎日同じように走っている方には、まさに「目からうろこ」でしょう。さらに、より効果をあげるための工夫も紹介しています。
さあ、さまざま走り方を組わせてマラソンのスピードとスタミナを高めましょう。

お求めは全国の書店、アマゾン、紀伊国屋書店、楽天などでのネット書店で。お問い合わせはこちらから。

第6条